公益社団法人 隊友会 =予備自衛官の福祉支援=

00隊友会.JPG

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


公益社団法人 隊友会
〒162-8801 東京都新宿区市谷本村町5-1
TEL:(03)5362-4871/FAX:(03)5362-4876
→HPに関するお問い合わせ(メール)
→その他お問い合わせ一覧
→このサイトについて

HOME > 福祉厚生 > =予備自衛官の福祉支援=

予備自衛官等福祉支援制度

制度発足趣旨

 昭和29年の自衛隊発足と同時に予備自衛官制度が導入され、平成元年時において35年の月日が経っておりました。
 その間、不幸にして亡くなった方が、数多くいました。
 その度に、予備自衛官の仲間から、「何か援助してほしい」、また「仲間同志で助け合えないものか」との声がありました。
 現職時は、共済組合等から手厚い保護を受けていましたが、退職後は十分な手当を受けているとはいえず、国、自衛隊からも、何の援助もできないのが現状でした。
 予備自衛官の声、予備自衛官の「きずな」を深めるために、陸、海、空自衛隊が隊友会に対し、予備自衛官仲間同志の「助け合い」制度の検討をお願いして、平成元年12月に予備自衛官互助制度が発足しました。
 発足に向けて、発起人から予備自衛官の方々に対しての呼びかけを紹介します。

LinkIcon予備自衛官制度について(陸上自衛隊HPにつながります)
LinkIcon予備自衛官福祉支援制度について(陸上自衛隊HPにつながります)

予備自衛官の仲間から

拝啓
 盛夏の候、ご健康でお過ごしでございますか。
 本日は、同じ予備自衛官の仲間である皆様に、今度発足する予備自衛官のための「互助制度」を、お勧めさせていただきたく、お手紙をお送りさせていただきました。

 私達予備自衛官は、住む所、勤め先こそ違え、その志は、ひとつであります。

 しかるに、仲間の誰かが不幸にして亡くなっても、今まで何も知らず、何の援助もできなかったのが現状であります。

 この「互助制度」は、私達の一人一人の結びつきを、より強い「きずな」に育てるために、そして、同胞の「喜び」や「悲しみ」を互いに分かち合うために、予備自衛官同志の「助け合い」として、大変意 義深いものであります。

同胞の声 
 自衛隊の職場で得た「友」、そして退職して予備自衛官に志願した友の突然の「死」に遭遇し、悲しみにくれる遺族を前に、哀悼の意を捧げるだけしかできなかった自分が情け無かった。
 同じ釜の飯を食った仲間に「何か」できたらと。
 そして、自分の、育ててくれた両親の、最愛なる家族のために
「何か」できないかと。

 私達予備自衛官は、この「互助制度」を私達自身のために、是非とも、全員の参加を得て発足させたいと思います。 
 ついては、貴殿におかれましても、是非とも、趣旨ご賛同いただきご参加願いたくお便り申し上げす。

敬具

 平成元年7月

発起人

 本制度は、予備自衛官互助の「助け合い」の輪であり、一人一人から集まった会費をもって、亡くなった仲間への香典、結婚した仲間・子供ができた仲間への祝金等をおこなうこととしています。
 言い換えれば、予備自衛官による予備自衛官の仲間及び自分のための予備自衛官独自の互助制度であります。

LinkIcon下記の表を詳しく見たい方はこちらから見ることが出来ます(PDFが開きます)



S60C-715052014290_0001.jpgSKM_C654e16052010170_0001.jpgS60C-715052014290_0003.jpgS60C-715052014290_0004.jpgSKM_C654e16052010170_0002.jpgS60C-715052014290_0006.jpgS60C-715052014290_0007.jpgSKM_C654e16052010231_0001.jpg


訓練招集時災害補償事例

事故発生時 平成15年11月3日 0630ごろ
事故発生場所
駐屯地内
事故状況 訓練係として、朝食を受領するために行動中、1階洗面所中央付近で
右足を滑らせ転倒、右膝内側を床面で強打し右膝を受傷した。 
受傷の部位
受傷の状態 切断・複雑骨折・脱臼骨折
入院日数 88日
通院日数 21日
支払保険金 306,000円
備考 災害補償の適用で、招集訓練出頭中の傷害事故に限り、
加入申込書を受理した日から有効とあるが、偶然にも
受理した日からまもなくの受傷であった。 

事故発生時 平成15年1月19日 1220ごろ
事故発生場所
駐屯地内
事故状況 駐屯地食堂前において、大型トラックから下車する際、右後方に反転
しながら転倒し、右腕を強打した。 
受傷の部位
受傷の状態 右とう骨遠位端骨折・右とう骨頭骨折
入院日数
通院日数 63日
支払保険金 126,000円
備考 平成1年12月1日互助制度加入

事故発生時 平成16年3月6日 1600ごろ
事故発生場所
駐屯地内
事故状況 体育訓練中、ジャンプ、着地した際右斜斜め後方に態勢を崩したため、
右足首をひねったことにより、右足首付近に異常を認めた 
受傷の部位
受傷の状態 アキレス腱切断
入院日数 11日
通院日数 25日
支払保険金 113,000円
備考 平成10年3月1日互助制度加入

事故発生時 平成16年1月25日 1014ごろ
事故発生場所
演習場内
事故状況 偵察行動訓練中、地雷原細部位置偵察のため、駆け足で前進中
圧雪に左足をとられ左膝から転倒し、受傷した。 
受傷の部位
受傷の状態 スリ傷
入院日数 15日
通院日数
支払保険金 56,000円
備考 平成13年9月1日互助制度加入

事故発生時 平成16年6月10日 未明
事故発生場所
駐屯地内
事故状況 招集訓練前日に着隊し、外出して飲酒し着隊した後、誤って隊舎
から転落し、死亡した。 
受傷の部位 頭部
受傷の状態 脳挫傷
入院日数 6日
通院日数
支払保険金 5,012,000円
備考 平成2年12月1日互助制度加入